対談「名古屋の立ち上げ」
名古屋オフィス立ち上げ直後の入社と将来への想いについて、伺いました。
メンバーがまだ少ない支社に入社を決めたのはなぜですか?

小澤

モノづくりと一緒で0から作り上げていく過程が魅力的ですね。

井村

私は、少ないからこそ、チャンスだと思い入社を決めました。頑張り次第で、若いうちから会社の中心的な存在になれる環境が魅力に感じました。

小澤

おおー。やる気がみなぎってますね(笑)

後藤

そうですね。(笑)確かにすでに組織が出来上がっている企業では、自分の担当業務を遂行することに注力することになると思いますが、少数ではそうもいきません。自分で考え、実行し、結果を受けて試行錯誤する。そんな働き方が魅力を感じます。

井村

それから、面接の時に色々質問して、その時の回答がとても社員を大事にしてくれると感じたので、ここだ!って思いました。
厚生労働省からホワイト企業に認定されている事も安心できるなって思いました。

入社して、社内(大阪、東京も含む)の雰囲気はどうですか?

井村

とても話しやすい環境です。 若い僕の意見もしっかりと耳を傾けてくれるのでやる気が出ます。

後藤

入社すぐから意見交換の場にも参加させてもらって、遠慮なく発言できました。

小澤

確かにとても話易いですよね。私は、入社すぐに東京・大阪それぞれのメンバーの方と会う機会がありましたが、皆さんの方から声かけて頂いてとても親しみやすかったです。

井村

そうですね。年も皆さん近いですし、取り留めもない会話も楽しいですよね。

小澤

名古屋支社はメンバーが、まだ少ないから更にアットホームな雰囲気になっているかなと。

入社して、大変だったことは?

小澤

入社日が名古屋オフィスの開設日だったのですが、0から環境を整えるのは、大変でした。 

井村

0から環境を整えたんですか!?。

後藤

えっ、例えば何が足りなかったんですか?

小澤

時計や傘立ても自分で悩んで選んで買いました。

後藤

それもなかったんですか!?

井村

確かに今もまだ買いそろえている最中で、足りてない物が出てきそうですね。

小澤

支社立ち上げ初日は、まだ時計がオフィスに無かったので。オフィスに似合う掛け時計を、探すことから始めました。派手過ぎず、地味過ぎず。大そうな時計ではないんですけど、たぶん人生で一番悩んで買った時計です。

(一同笑)

名古屋オフィスをどのようにしていきたいですか?

小澤

活気のあるチームにしたいですね。現場や業務に関わらず、フォローしあえるような名古屋支社に出来たらと思います。

井村

僕は名古屋ならではの色を出したいです。それと、個性が強みとして活かしていけるような環境にしていきたいですね。

後藤

そうですね。多種多様な個性を持ったリーダーの方をもっと増やしていけたらなと思います。そして、ゆくゆくは、JWSのなかでも「この仕事は名古屋オフィスにしかできないな!」と思わせる強みがほしいですよね。

社内の制度や福利厚生等について、どのように感じていますか?

小澤

色んな会社を知ってはいますが、日本ウェブサービスはすごく充実していますよね。私に会社説明をしてくれたのは、岩井社長なんですが、思わず『こんな制度あるんですか?』と聞き返してしまいました。

井村

すごい充実してますよね。お腹いっぱいなくらい(笑)
さらに、意見交換会などから、まだまだ増えていくと思いますから、仕事のやる気に繋がります。

後藤

大企業に比べて、中小企業の福利厚生はあってないような印象があります。でも、当社では、福利厚生を考えるのは経営陣ではなく、社員なので、理にかなったものが多いのも特徴ですよね。

スキルアップやキャリアアップが実現できる環境ですか?

小澤

会社の立ち上げについては、他社では経験できるものではないですよね。この立ち上げをちゃんと成功させたときに、スキルやキャリアっておのずとついて来る、そんな予感はひしひしと感じます。

井村

そうですよね。立ち上げという経験は大きな成長に繋がると思います。特にSEとしてのスキル以外にもたくさんのスキルを身に付けるチャンスがあると思いますし、楽しみです。

後藤

能力開発プログラムという制度があり、すべての社員が能力や役職にあったセミナーを受講することができます。技術習得に力を入れる企業はたくさんありますが、ヒューマンスキルの向上に関する教育に力をいれている企業は珍しいです。ゆくゆくは社内での技術交流会などを開催したり、技術感度の高い組織を作っていきたいと考えています。

名古屋オフィスの魅力を求職者の方へお願いします。

井村

他社では経験できない事が名古屋支社では経験出来きます。他社に比べてスキルアップやキャリアアップのチャンスがたくさんあるところが魅力だと思います。

小澤

会社の成長過程を実感できる環境だと思います。会社自体はすごいスピードで成長していますが、おそらく名古屋はその中でも、成長スピードを感じやすい環境ですし、自分たちの成果が分かるところが魅力だと思います。

後藤

当事者意識、責任感、あとはやる気と熱量だと思います。色鉛筆は、色が多ければ多いほど描けるものも増えていきます。未来へのビジョンを完成させるためには、一色でも多くの色が必要です。色とは、あなたの個性を指しています。
 ・いまの仕事にやりがいが見いだせない。
 ・責任のある仕事がしたい!
 ・自分の技術を存分に発揮したい!
 ・仕事も家庭も大事にしたい!
 ・起業したい!
 ・会社の経営責任者として、これからの未来を作っていきたい!
ひとつでも当てはまるあなたの応募を、心よりお待ちしております。

最後に一言

井村

色々教えてもらいながらですが、前職では経験できない事を経験でき、大変ですが楽しみながら成長を実感できています。

後藤

私はIターンで名古屋に戻ってきましたが、この会社で楽しくやっていけそうで、安心しました。

小澤

仲間が増えて、組織が成長していく過程が、とても励みになっています。これからもっと大きくなっていく予感を感じていますし、いろんなことができる今を楽しんでいます。

JWS名古屋の特設サイトがオープンしました。