対談「会社の成長性について」
今日は創業期から入社されているお二人に、会社の成長性について伺いたいと思います。
では最初に、日本ウェブサービスのどのようなところで成長を感じますか?

石井

まず、入社人員の多さに成長を感じます。

片本

社内については、やはり、単純に人数が増えたことですね。社外については、お客様の企業規模と幅が増えたことですかね。

創立当初は、仕事が一択なことがほぼでしたが、ここ数年は、会社の方向性やメンバーの意向をくみとって、さまざまな仕事を獲得できている点も成長していると感じます。
事業拡大に伴ってオフィスの移転も目に見えてわかる成長ですね。

石井

その一環として各プロジェクトでメンバーのシフトなど柔軟な体制構築が可能になりました。

片本

そうですね。あとは、自社ウェブサービスの開発ができるようなった企業体力の成長があります。

石井

その企業体力があるからこそ、福利厚生の充実や海外社員旅行ができていますね。

片本

社員旅行に行くたびに人が増えて、楽しいです(笑)

石井

次は飛行機の貸切になりそうですね(笑)

やはり社員数の増加は仕事の質や量、労働環境、制度がしっかりしないと実現できませんので、社員数の増加は一番難しいところです。
順調に成長している日本ウェブサービスですが、会社の特徴を教えてください。

石井

同年代が多いため社員同士の輪(和)が非常に良いところだと思います。

片本

その仲の良さや風通しの良さが、定着率に繋がっているんでしょうね。

石井

そうですね。社長や支社長も同年代なので何でも言い合えて風通しの良さは強みですね。

片本

風通しが良い環境という意味では、全員が中途入社のため、中途で入社される方は馴染み易い環境が整っていますし、支障なくキャリア形成が実現できるのも特徴でしょうか。

石井

キャリア形成の実現と充実した福利厚生は安心して働ける環境となり、良い社員が集まる。良い社員が集まると社員のポテンシャルが高くなり、仲間間で多くの事を吸収できる機会が増えて、さらに環境が良くなるのも特徴ですね。

片本

色々なことが相乗効果として現れていますね。

石井

そういえば、安全衛生委員会による過重労働にならないよう残業抑制しているのも大きな特徴ですね。

片本

あとは、社名がウェブサービスと付くので、WEB系やデザインに強い人が多いのは外せませんね。

石井

社名はウェブサービスですけど、会社に魅力を感じて、組み込み・制御系が出来る方が入社されているのは心強いですね。

片本

確かに。

今後、さらに成長していくにはどのような取り組みや成長戦略が必要でしょうか?

石井

営業としては引き続き新規顧客開拓を行い、幅広い仕事を獲得していくことだと思っています。仕事が多すぎると困ることもありますが(笑)

片本

成長戦略に欠かせないのが自社ウェブサービスの全国展開ですね。社名がウェブサービスなので、様々なウェブサービスを展開していきたいと思っています。

石井

法人向けや個人向け問わずにクラウド型のサービスを提供していくのは強みになってくるはずです。

片本

サービスの提供だけでなく、お客様がウェブサービスを構築したいなどの多様なニーズがあれば、手掛けていくのも良いかもしれません。

石井

あと社長が良く仰っている事業基盤を担う人材の採用の強化と育成が成長するにあたって重要なファクターになるはずです。

片本

まず採用の強化は2つあり、1つは豊富な管理経験がある方を採用する方法ともう1つは若い人を採用し人材育成で育てていく方法があると思います。

石井

その人材育成は、能力開発プログラムと実務で管理経験を積むことでキャリア形成できる道筋ができています。

片本

事業基盤を担う人材が増えると、自ずと組織が強くなり、事業領域がさらに拡大するはずです。

石井

私達は独立系ソフトウェア会社なので、資本関係のある親会社から出向されて経営をされるということはないため、既存社員や今後入社される方が事業基盤を担うようにならなければいけません。

片本

SEやPGなどのエンジニア、ネットワーク・サーバーエンジニア、サポート、営業など自分のやりたいことをしながら、会社の成長を担うようになれるのは夢がありますね。

石井

会社が成長すると共に夢が広がっているのは肌で感じます。そしてそれに関わる私達も成長していると実感できますね。

片本

話の順番で整理すると「新規開拓営業」、「様々なウェブサービスの展開」、そして何より「事業基盤を担う人材の採用と育成」が成長する上で欠かせないということですね。

今後もさらに飛躍することがひしひしと伝わってきますね。お忙しいところ、ありがとうございました!